パンダのアイヒン「偽出産」判明 期待の出産生中継もおあずけに

世界で初めてジャイアントパンダの出産風景を生中継できるかもしれないと期待されていた、母親パンダが実際には妊娠していなかった事が26日に判明しました。
注目を浴びていたのは中国四川省で飼育されているジャイアントパンダのアイヒン。
前月妊娠の兆候を示していたアイヒンには、出産を生中継する計画が予定されていました。しかし、中国国営新華社通信はアイヒンの行動が平常に戻ってしまった事を、「偽出産」だったとする専門家の話を引用して発表しました。

アイヒンが飼育されているパンダ繁育研究基地では、妊娠した可能性のあるパンダを環境の良いエアコン付きの個室に移動させ、パンダが好むとされているエサをいつもより多く与えるそうです。
同基地の専門家によると、この事を知っている頭のいいパンダは生活の質を上げる為にここに入ろうとするとのこと。
また、多くのパンダは飼育環境の差異を察知すると妊娠したような反応を示し続けられる事が分かっています。

アイヒンの場合も「妊娠」が診断された際、食事量やホルモン値の変化などあったものの、その後の観察から「偽妊娠」との結論が導きだされました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る