世界金融センターランキングに香港がトップ3から転落

2016年4月7日、中国人新聞網は英シンクタンクZ/Yenグループが発表した最新の世界金融センター指数を発表し、香港がトップ3から転落したと伝えました。
こちらのランキングは世界86の金融センターを対象として市場発展レベルやインフラ環境万派和^などに基づいてランク付けしています。

最新のランキングでは1位は英ロンドン、2位米ニューヨーク、3位はシンガポールが選出され、香港は4位となりました。東京は前年と同じ5位でした。
しかし、転落はしましたが、一方で経済自由度指数では186カ国・地域の中で22年連続で世界トップで香港は1位となっています。
ビジネスの自由度、貿易の自由度、金融の自由度などでトップの評価を得ています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る