中国、養豚の扱いが酷いと話題に

中国のある意味大雑把で理解不能な言動は、度々話題に上がりますが、今回も豚に対する扱いが酷いと物議を醸しています。

中国の南部にある村の養豚場の品質工場の方法が問題視されており、茶色く汚れた池に飛込み台を設置して、豚や子豚を強制的に飛び込ませているのです。

養豚場主によると、池に飛び込ませて泳がせることで食品としての質が良くなるとのことですが、中国の水は水質が悪いと言われていますし、悪影響になるのではないかと指摘されています。

このダイビング豚と呼ばれる方法で飼育している豚の値段は、他の豚よりも3倍も値段が高く、中国国内では人気になっているとのことですが、虐待に該当しそうですし動物愛護の面でも問題があるのではないでしょうか。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る