中国、PM2.5原因で早死多数

2013年に、中国では推計で100万人もの人が、微小粒子状物質であるPM2,5が原因で早死にしたと、中国の清華大学とアメリカの研究機関が調査報告書をまとめました。

この100万人のうち、4割は工場や発電所などからの石炭燃焼や、都市部を走る自動車のガゾリンで排ガスによる大気汚染が関係しているのだそうです。

2013年には13万人もの人が石炭燃焼によって早死していると分析されており、世界でも重大な大気汚染の排出源と位置付けました。

早めの対策を考えて実行しなければ、2030年には年間で最大130万人もの人が大気の汚染により犠牲になるとされていますし、多くの人々が住む地球だからこそ、環境に配慮したり、生物が住みよい環境作りが必要になっています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る