中国でペット経済の黄金時代が到来

中国では黄砂や新しいディズニーランドなど、様々なことが話題になっていますが、現在ではペットやペット関連の産業が人気になっているのだそうです。

中国でも高齢化や都市化などに伴い、2015年には、ペット市場が既に日本円にして約11兆円以上に達しており、増加率も上昇しております。

中国でペットを飼っているのは北京市や上海市、広州市などの都会の人々が多く、35歳以下の若い世代が中心なのだそうです。

ペット市場の拡大に伴い、ペット用の食品やアイテム、医療などのサービスなどの産業も発展段階にあるのだそうです。

しかし、質の高いサービスや商品が不足していることで、爆発的な発展に達しておらず、中国企業のシェアは伸び悩んでいるそうです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る