中国の新しい配車サービスとは?

中国大手の配車サービス「滴滴出行」運営に対して、政府当局が取り締まりと指導に乗り出したのだそうです。

帰宅困難者向けの配車アプリは、今や中国人の短距離交通手段として必需品になっていて需要がありますが、近年の中国では流しのタクシー運転手による犯罪率が大きいため夜間の業務停止にまで追い込まれたのだそうです。

大手の深夜業務停止により、多数の人々の生活に大きな影響を与えていて、タクシーの値上げやぼったくりなどが横行しているそうです。

もともと滴滴の体制に問題があったため、夜間の業務停止の他に、緊急通報ボタンの設置や録音などが行われてきたそうですが、配車アプリは中国での関心度が高く、体制の見直しや改善が必要だということです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る