中国卓球、唯一の問題点とは?

中国は卓球王国として、強い選手が多数存在していますが、今の日本も女子卓球では素晴らしい技術を持つ選手が活躍しており、中国の唯一のライバルだと言われています。

中国の女子卓球界は人材が充実していて、確かな実力を持っているため、世界をリードしていると言えますが、左利きが不足している問題点も挙げられていて、ダブルスが組みにくいのだそうです。

対照的に日本は、今年行われたドイツオープンにて平野早田ペアが活躍し、スウェーデンオープンでは伊藤早田ペアが活躍し、優勝したのはサウスポーの存在が大きかったのだと紹介しています。

日本は、ダブルスで中国卓球に近づこうと成果を挙げており、中国では若手のサウスポーが不足しているため、今後の後継者の育成が急務となっているようです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る