中国13省区で干ばつ被害 飲み水不足

7月30日、国家水防干ばつ対策総指揮部弁公室は中国で起こっている干ばつの状況を報告しました。
その報告によると7月末時点では、13省区で約482万ヘクタールの農地が干ばつ被害を受けているとの事です。
さらに、この干ばつ被害によって160万人と大型家畜207万頭の飲み水が不足している事も分かりました。

今年の降水量の少なさや、気温の高い日が多い事など、今回広い地域で干ばつが起きた要因がいくつか挙げられています。
この干ばつの影響で湖北省では600を超える貯水池で水が使えないだけではなく、100を超える小型貯水池や5万以上のため池の水も干上がる事態となっています。
その他の地域でも、貯水池の多くが枯れた状態となっていることで更なる問題の増加が懸念されています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る