二人っ子政策 推進発言に批判の声

中国の人口政策を担当している国家衛生計画出産委員会高官が発言した「一人っ子政策」についての意見に批判の声が集まっています。
中国メディアの発表では発言をしたのは山西省委員会のメイ・ジーチャン副委員長で、全ての夫婦を対象に子どもは2人持つことを義務づけるべきである考えを述べたところ批判を浴びています。
同副委員長はこの発言を中国で問題となっている男女の数の不均衡を解決する方法として挙げていました。

この発言に対し、中国共産党の発行している人民日報の国際版では13日、新たな政策の提案をする際には慎重になる必要があると厳しい見解を示しています。また2人っ子政策の提案について「中国の全ての夫婦に強制する事はできない」と論じました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る