入学受験 今年も多くの不正が

学年が秋から始まる中国は大学などの入学受験は概ね6月上旬に実施されます。
そんな中今年も「不正発覚」のニュースが後を絶ちません。

特に今回の不正の大半を占めたのが「替え玉受験」
河南省当局の発表によると開封市などで実施された入学受験では受験者165人の不正が発覚し、そのうち127人が替え玉受験だったといいます。
これらの不正は会場内の監視カメラや願書時に提出した写真、試験会場から採取した指紋など多くの指紋を照合して確認されたそうです。

既に警察も動いており、過去に組織された替え玉受験もあった事からより一層厳重な体制が必要ですね。
また各地の大学責任者にも取り調べが行なわれるなどしているようです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る