北京市 平均1日110人が癌と診断

北京市政府は26日に2013年度版の「健康白書」を発表しました。
それによると2012年の北京市では悪性腫瘍患者が4万人以上に増えており、これを平均すると1日に110人が癌と診断されている事になります。

北京市衛生・計画生育委員会の副主任の鐘東波氏の発表によると、2013年の北京戸籍者の死因の上位ランク3位を占めているのは悪性腫瘍、心臓病、脳・心血管系疾患で、死者全体の74.0%を占めたそうです。
更に2012年での北京市で確認された悪性腫瘍患者は4万307人増加し、前年比3.22%増となりました。

更に北京市腫瘍予防・治療研究所の王寧副主任によると、今回の1日に癌と診断されている人数の平均は10年前の1日約63人より2倍近く増えたということです。

悪性腫瘍患者について男性では肺がんが、女性は乳がんの発生率が1番高いとされています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る