台湾、マンゴーかき氷がギネス認定

台湾の南部に位置する台南市はマンゴーの産地として知られていますが、8日にマンゴー3333個を用いて巨大なかき氷が作られ、その重さで世界最大のかき氷としてギネス世界記録に認定されたとのことです。

かき氷機14機と地元の9つの業者が携わって、高さ1m45cm・重さは1554kgにもなるかき氷を約36分で作り上げたのですが、3年前に認定された記録を1200kgも上回っているそうです。

食感に変化を付けるために、生のマンゴーの他にはドライフルーツやマンゴーアイス、砂糖水なども加えられたとのことです。

このかき氷の製作は、食材を無駄にしないことを条件としているので、多くの市民が完食のために駆けつけたということです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る