日本由来の妖怪、台湾で呼称の再定義を語る

日本では古くから妖怪という存在が親しまれていて、日本では古くから怪物や物の怪や妖怪などと呼称されるようになったと言われていまうが、現在では台湾でも妖怪を題材とした本が発売されるようになったのだそうです。

台湾の妖怪文化は日本から強く影響を受けていて、台湾で古くからある民俗文化だといえないとも言われているそうですが、妖怪研究を行って書籍も書いている台湾の作家は、台湾ならではの読み方を再定義しようと提唱しているのです。

その土地に古くから伝わる伝説や神話や民話は、後世のためにも誰かが受け継がなければなりませんし、神霊や魔物、妖怪や妖精などの存在についての研究も行って、その土地の文化を守ったり広めたりする事は大切ですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る