素手で破壊も、ペンも挿せちゃう「手抜きマンション」が話題に

中国、湖北省武漢市に建設されたマンションが、”最強の手抜きマンション”として話題が集まっています。
12日にはマンションの購入者らからの告発が相次いでいる事も発覚しました。

2013年から建設が始められていたこのマンションは、現在13棟が完成しています。
壁は中の網がうっすらと確認できるほど薄く、少し擦っただけでも粉が落ちてくるそうです。また少し力を入れて叩いただけでうっすら見えていた網が露出。女性の力でも簡単に壊せるほど脆く、ボールペンやカギなどが簡単に挿せてしまう状態だといいます。

専門家らは断熱層のモルタルのかき回しが不十分である可能性や、配合自体を間違えている可能性を指摘しつつも、脱落しなければ問題がないと話しています。
開発業者も「基準はクリアしている」「大きな問題はない」と主張。
市政府は市の建築工程質量監督サイトに訴え出る事が出来るとしながら、その指定された場所に訴えても「大きな問題はないはずだ」と同じ対応をとられているそうです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る