W杯の新しい楽しみ方。

惜しくもアジア予選で敗退し、W杯に出場出来ない中国。
自国の選手が出ない事でW杯の気持ちが盛り下がり気味・・・と思いきやW杯商戦は次第に盛り上がりを見せています。

盛り上がりを見せてくれたのは「W杯がっかり保険」なるもの。
中国重慶市に本社を置く損保会社が売り出しており、その内容は「W杯本戦で応援しているチームが負けた場合に一定の基準で”がっかり”を補償」してくれるといいます。

現地紙によると、この保険は傷害保険とセットでインターネットを通じて販売されており、18歳から65歳が購入出来るとのこと。
保険料は8元、日本円で約130円となっています。

保険対象期間は8〜15日間。怪我をした場合は最高で1万元の保険金が支払われるだけではなく、応援チームが負けてしまった場合はインターネットの決済システム「支付宝(アリペイ)」の利用ポイントのカタチで補償が行なわれます。
貰えるポイントはチームが「勝つ可能性」によって変動するという、更に熱気立つシステムとなっています。

自国を応援出来ない分を他の国を応援する事で盛り上がろうとするこの着眼点は結構面白いですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る